“JKのおっぱいが僕のおせなにあたる→僕のオティソティソがスタンダップする→前のリーマンの臀部にめりこむ→リーマン僕を見る→僕の額を冷や汗が伝う という史上最も下劣なピタゴラスイッチが埼京線各停川越行きの車両内で展開される”
“イグノーベル賞受賞研究によれば、尿意を極限まで我慢してると脳みその回転が高まるらしいので、朝から実践してるが、超高速でトイレのことしか考えられなくなり数学には役立たなかった。”

・オタクといわれている層が、マニアといわれている層とのズレガ生じてきた。オタクはタダの「消費者」として流行を追い続ける存在になってしまった。オタク=マニアの公式は既にないに等しい。

・現在オタクに関して危機的状況になっていることを理解できない(理解しようとしない)人々が多くなってきている。
極端な話、アキハバラで素っ裸になったところで注意されても「俺は楽しいから関係ない。」と無視されてしまう。

・コミックマーケットを同人誌即売会と言う視野から見ておらず、単に商業販促イベントと言う視点で見ている人が多くなっている。そのためコミックマーケットが危機状況に陥ったとしても、特に関心を持つことがない。別に代替イベントでよいと思っている。
…コミックマーケットがなくなったとしても、彼らの目的の矛先がゲームショーやキャラクターショーなどのほかのイベントへ目を向けるだけのことである。

・オタクそのものに商品価値がでてしまい、趣味を理解する「商売」からなりふり構わず儲ける「ビジネス」になってしまった。趣味を教えてくれる「商店的」な商売の絶滅。スーパーマーケット的ビジネスによるコミュニケーション疎遠なオタクの大量生産→「なんでも金を払う顧客が偉い」思考のオタクの増大。

アメリカの現状

Torネットワークで児童ポルノ配信され放題

FBIが全力で潰しにかかる→誤認逮捕
Tor通じて犯行予告→SWAT突入→誤認逮捕

FBIはTorネットワークの捜査についてあきらめ、
「みなさんモラルをまもってください」と敗北に等しい勧告をHPに載せる

逆ギレして憲法改正してアメリカ国内の全パケット監視可能へ 

しかしTorはログ開示しないアゼルバイジャンやウクライナを通過するのでそれでも無駄

FBI長官「もうこれは国際政治の問題だ 捜査機関が手に負える問題ではない」
CIA「米海軍は最悪なソフトを開発してしまった」


日本は無能とか言ってる2chネラは
FBIにTorの匿名性打破する技術提供すれば3億ぐらいもらえるよ